みんなで船を借りて湾内クルーズしてきました!

この間の週末、仕事などでしばらく会えなかった学生時代の友人が集まりました。

その中のうち何人かが、釣りが趣味な関係で、船舶の免許を持っており、それじゃということで、みんなで最寄りの港でレンタルボートを借りて湾内クルーズを楽しみました。

この日は、運がいいことに雲一つない快晴で、海風もとても気持ちよくて最高でした。

普段、陸の上からしか眺めたことのない湾内の海上を、縦横無尽にプレジャーボートで駆け抜けるのは、船を直接操縦しなくても、デッキに腰掛けて海風を浴びながら、陸の景色を眺めるだけでもとても楽しいものでした。

1時間ぐらい陸に近いところを走ったあと、結構波が穏やかだったので、操縦している友人が「もう少し外に出ようぜ」と言い、私も含めてみんなテンションが上がっていたので、もう少し陸から離れたところを目指しました。

ところが、陸から離れていくに連れて、風が強くなるとともに、波やうねりも次第に高くなってきました。

幸い全員酔い止めの薬を飲んできていたので、船酔いに苦しむことはありませんでしたが、5人乗りの小さな船では下手したらひっくり返るかもしれないくらいの波やうねりに、私は内心ヒヤヒヤしていました。

私たち全員、水しぶきで服がびしょ濡れになりながら、「これ以上はやばい」と操縦していた友人も感じて、引き返すことにしました。

午前中3時間、湾内をクルージングした後は、陸に上がり、昼食を兼ねながら、屋外席のある小洒落たお店で、一杯飲(や)ってきました。
お互い近況など報告しつつ、久々にバカ話や昔話に花を咲かせつつ、うまい料理に舌鼓をうちました。

少し蒸し暑い陽気のせいもあって、私も含めて、昼間からビールが進んでしまい、いい感じに酔ってしまいました。

おかげで帰りの電車に乗るとき、乗る方角を間違えてしまいましたが、一応みんな無事家路につきました。

船に乗っていたとき、今まで経験したことのない波やうねりに遭遇して、正直ビビっていましたが、後で思い返すとなかなかスリリングな経験をしたなぁと思いました。