イギリスの巨大マシュルーム

日本ではマシュルームと言えばコロコロと可愛らしい大きさのものが一般的ですが、私はイギリス在住中に出会った巨大な手の平サイズのマシュルームの美味しさを忘れることができません。

初めてスーパーでそれを目撃した際、あまりの大きさに衝撃を受けました!(゜0゜)

どうやって食べてよいのかわからず、気になりつつも手を出せずにいました。

ところがある日、日本人コミュニティーのバーベキューに参加した際に、ついに巨大マシュルームを口にすることになったのです。一体どのように調理するのか興味津々の私・・・

飲み物とデザート担当だったのに、いつの間にかマシュルーム担当の方の作業をお手伝い。

調理方法はいたって簡単でした。巨大マシュルームの傘の内側にバターをのせ、アルミホイルで包みバーベキュー用の網の上で蒸し焼きにするというもの。

もう想像しただけで、美味しいに決まっている!と思いましたが、本当に絶品でした(≧∇≦)

マシュルームとバターの香りが口いっぱいに広がり、何より巨大なマシュルームの噛み心地は最高でした。ナイフとフォークで食べる方法もあるでしょうが、丸かじりするのがバーベキューならでわで、美味しさが増したのかもしれません。

それ以来バーベキューでの巨大マシュルームの味が忘れられず、家でもトライしてみましたがあの時の感動は再現することはできませんでした。やはり炭で焼くのがよかったのでしょうか。

また私が食べたのは現地の日本人が調理してくれたものですが、イギリス人は普段どうやってあの巨大マシュルームを料理しているのでしょうか。

思い返すと色々な疑問がわき、現地にいる時にもっと知る努力をしていればよかったと後悔です。

日本に戻った今となっては巨大マシュルームを目にすることもなく、再現する術がありません。日本でもどこかに売っているのでしょうか。

マシュルームをスーパーで目にする度に、イギリスの巨大マシュルームを思い出します。いつの日か、また巡り会う日が来ることを願います。