婚活にはコミュニケーション能力が必要

自分好みの男性と顔見知りになることができたあなた、まさか、名前を教えてもらったくらいで喜んではいませんよね? 勝負は始まったばかり、ここから先が婚活の本番です! どうすれば出会った彼と関係を深めていけるのか? そして、女性として魅力を感じてもらい、結婚相手として意識してもらうのか?

その答えは「コミユニケーションカ」にかかっているといっても過言ではありません。

コミユニケーションカという武器は、見た目の(ンデをひっくり返せるほどのパワーを秘めています。第一印象では3番手、4番手でも、大逆転サヨナラホームランを打って、ハッピーなバージンロードまで一直線、なんてことはザラにあることです。

だからこそ「モテるコミュニケーション力」は必ず習得しなければなりません。

では、どうやってコミュニケーションカを磨けばいいのか? 鏡に向かってトークの練習をするのは悪くはない。どんな表情で自分がしゃべっているのか、よくわかるしね。でも、実際は男性の目を見て会話するわけ。鏡を見ながら練習した卜-クが再現できると思います?

信頼できる男友達を相手に卜-クの練習をする手もあるけれど、ヘンに誤解されるとややこしくなる。当然、さらに話がややこしくなりそうな既婚男性に練習相手は頼めません。

結局、コミュニケーションカを磨くには、現場が一番というのが私の結論。

突然の出会い、とっさの機転から生まれるあなたの一言は、経験値として着実に実力となり積み重なっていきます! ベーシックな話題に、ちょいちょいアドリブをはさめるようになれば、バッチリ。

次回は、いくつか「愛され会話」のポイントをまとめます。