「笑顔でいるだけ」は逆に怖い!

コミュニケーションにおいても、男性が女性に求めるのは、「癒やし」「安定」「安心感」です。ただし、受け身一辺倒な女性じゃつまらない、というわがままな面もあるのが男心。

巷にあふれる恋愛本では、「聞き上手がモテる」だとか「オウム返しをしろ」などと書かれていることが多いのですが、実はそんなの大ウソです。

ひたすら己の武勇伝をしゃべりたいウザい男性を気分良くさせることはできるでしょうが(そんな男にモテたいわけじゃないでしょ?)、そうではない賢い男性も多く存在することを忘れてはいけません。

しかもね、そういった上っ面の聞き上手に徹している女子たちは、どこか不自然で気持ち悪いことになっているんです。「どうしても相手に気に入られたい」「今すぐ結婚したくてたまらない」といった必死オーラがあふれている「上っ面だけ聞き上手なフリ女子」は、男性に対して「なんか怖い」という印象しか与えません!

「すごい!」は王道の褒め言葉ですが、連発しすぎては不自然だし、ウソくさい。

アパレルショップの店員さんが買ってもらいたい下心で、何を着ても「とってもお似合いですー」と褒めてくれるようなもの。そんな下心見え見えの褒め言葉に引いたこと、ありませんか?

不自然な「すごい!」の連発に、「どうしても気に入られたい」とか「結婚したい」という下心が見えてしまったら、はっきりいって気味が悪いだけ。

また、「オウム返し」ばかりのコミュニケーションは、相手を疲弊させます。

なぜかって、あなたから「オウム返し」しか返ってこなかったら、彼は常に会話をリードしなければならず、話題をどんどん提供していかないといけないので、リラックスできないよね?

自分におき換えてみればわかるでしょう。

初対面でとらえどころがない段階で、相手がひたすら「オウム返し」をしてきたら、相手がどんな話題に興味があるのかまるでわかりません。ひたすら手探りで話題を提供することになり、つらいですよね?

男性を楽しませるには、女性がある程度話し上手になる必要もある。そしてそれは、一方的なマシンガントークではなく、自然な会話のキャッチボールができて、いつの間にか男性がしゃべりすぎてしまうぐらいが、もっとも好まれます。

理想は3割話して、7割聞く。だけど、意識しすぎて不白然になってしまうのなら、そんな割合にもこだわる必要はありません。

 

ガツガツ行く女は結婚できない

婚活に必死な女子がやりがちな痛いミス……。それは「自分のことをしゃべりすぎる」です。家族のことからこれまでの人生経験、恋愛歴、結婚観、好きなタイプ、趣味など、経歴をズラリと並べたような「自分プレゼン」は、まったくの逆効果です。女子の必死のマシンガントークに、男性陣はドン引きしています!

お相手に自分のことを知ってもらいたい、好きになってもらいたい。そんな一生懸命な気持ちもわかります。でもね、自分の話は小出しにすること!

モテる人は、相手に聞かれるまで自分のことは詳しくしゃべりません。

相手に「知りたい」と思わせることが大事なのです。まずは質問力を駆使して相手のしゃべりたいことをしゃべらせ、会話のネタとなるヒントを仕入れましょう。

気分良く好き勝手にしゃべって満足し、あなたに興味を持ち始めた男性は、今度はあなたのことを知りたがって話を振ってきます。

自分の話はそこから始めればいいのです。

モテる女は、ミステリアスなのです。

また、下ネタウェルカムな女は、飲み会の場では盛り上げ役になれますが、真剣な恋人やお嫁さん候補にはなれない。どんな遊び人も、最後は清廉潔白な、清楚でお上品な女を選ぶものです。

ほら、歌舞伎界きっての色男、市川海老蔵さんだって、セクシー系のグラビアアイドルではなく、清純派でスキャンダル知らずなキャスター小林麻央さんを結婚相手に選んだでしょ? それを忘れてはなりません。

では、下ネタを振られたとき、どう対処すればいいのか?

微笑んでスルー。これだけでOK。

清純派の女優や女子アナたちが、バラエティ番組で下ネタを振られたときの対応を見ると、わかりやすいでしょう。まちがっても悪ノリして過去の男との情事なんて暴露してはなりません。女としての格を下げるだけです。

 

婚活でのダラダラトークは禁止!

男性が一番苦手なコミュニケーションは、何だと思いますか?

ズバリ、オチのないダラダラトークです。

井戸端会議や女子会で交わされるトークがまさにそれ。次々と話題は移り変わっていくものの、それぞれの話に結論がないことって多くないですか?

男性脳はそんなトークにつき合わされると、ぐったり疲れてしまいます。

男性というのは、いつも話に「結論(=オチ)」を求めているものだからです。期待しているオチがなかったとき、心の中でガクツと肩を落としているはず。

さらにいうなら、お金持ちの男性口賢い男ほど、この傾向が強い。

ま、賢くて優しい男性なら「女性の話を聞いてあげている」というスタンスで、少しくらいは調子を合わせてくれるでしょう。女性のダラダラトークの本質を知っている男性は多いしね。

あるいは恋愛初期段階で、男性が超前のめり状態で「顔を見ていられるだけで幸せ」なんていう時期なら、それでも楽しいと感じてくれるでしょう。

だけど、そんな浮かれた状態は長続きしませんからね~。

おつき合いも中盤に差し掛かれば、テンションも落ち着いてきて、飽きてもくる。そんなころに、ダラダラオチなしトークをされれば、愛が冷めてしまうかも。

もし、会話中に男性から「結局、何がいいたいの?」と質問されたら、かなりうんざりされているサインです。できるだけ、このセリフはいわせないほうがいい。

稼げる男性の職場には、結論のある話ができる頭のいい女性がたくさんいます。そうした女性を日常的に相手にしているプチリツチ男性にとって、結論のないダラダラトークしかできない女性は、「バカそのもの」に見えることもあります。

ダラダラトークの特徴とは、

・説明が回りくどい。
・経緯を丁寧に、かつ延々と話す。
・感情、意見、事実、憶測をごっちゃにして話すので信憑性がない。

「結局、何がいいたいの?」と男性にいわせないためには、どうすればいいのか?

それにはまず、女性のタラタラトークの本質に気づくこと。女性がタラタラトークを始めるときは、「共感」を求めているときです。つまり、「あなたもそう思うでしょ?」と、相手に強要している。相手に○○と思ってほしいから、○○と思うよう、延々とそのための材料を並べ立ててしまう。

まるで小説のような長~いストーリーをダラダラと語られれば、女性であっても聞いててつらい。

もし男性からの反応が「ふーん、それで?」ばかり続いたら、早急に「あなたはどう思う?」という質問でトークをまとめ、会話のターンを相手に譲りましょう。

これで、そこまでの会話が相手にどんな印象を与えているのかがわかります。

たとえ「ふーん、すごいね」とか「ひどいね~」といった共感のセリフが出てきたとしても油断しないはうがいい。とにかく、自分が一方的に話すだけになったら、すでに会話じやありません。相手が口をはさめるタイミングを用意してください。

そこで反応が悪かったら、その話題は潔く終えて次の話題を探したほうが無難です。

大切なのは、女性との会話と男性との会話は別物だと理解しておくこと。これさえ頭にあれば、最悪のタラタラトークは防ぐことができるはず。

ぜひ男性脳を理解して、「結論(オチ)」のあるトークを心がけましよう。

女子特有トークは、女同士の場で思う存分楽しんでください。

その切り替えが大切です!

 

勘違いだらけ 男性からみた婚活女性

私は結婚するまでは婚活パーティーや合コン、紹介など色々な手段で婚活を5年続けていた者です。現在の嫁も飲み会で知り合った人なのですが、実際は合コンなのではなく居酒屋で近くに座っていた人でした。どこで何が起こるか分からなと、この時ばかりは思いました。

結婚してみて色々気付くこともありますし、こんなに結婚というのは幸せなものなのだと思うこともたくさんあります。是非幸せを掴んで欲しく、今回は「それ勘違い!男性からみた婚活女性」について書かせて頂きます。偏った意見になると思いますが、少しでも参考にして頂けると幸いです。

 

婚活での勘違いその① 仲の良い友達と行かないで(?_?)

婚活でパーティーなどに行くときに、会社の同僚や学生の時の友人など一緒に行っていませんか?絶対一緒に行っていますよね。初めての場所に一人で行くことは不安だと思いますが、結婚相手を探しに行くのに本当に友達が必要ですか?最終的にお互いの友達に気を使い合って、同じ電車で帰って行くという魔のスパイラルに入り込んでいってしまいます。婚活の場所へ行ったことで満足してしまい、結果に繋がってもLINE交換が精一杯だと思います。なので婚活をするときは自分一人で現場に行き、自分で判断し、自分で責任を取ることが重要なポイントとなります。気を使うのは友人ではなく、婚活している相手に使って下さい。

 

婚活での勘違いその② 白馬に乗った王子様など絶対にいないです(>_<)

婚活パーティーに参加をしている女性で、この人本当に結婚したいのかなと思える人は男性からすると直ぐに分かります。その人に「本当に結婚したいの?」と聞くと「そりゃしたいですよ。いい人がいれば」と決まってこの言葉を言います。あたかも結婚が出来ないのは男性のせいで、私の目の前にいつかいい人が現れると思っている人です。まずいい人は現れないし、現れても素通りしていくと思います。かっこいいことを言いますが、男は女性が作り上げるものです。第一印象や見た目など嘘で固めればどうにでも出来ますし、嘘の言葉などどれだけでも言うことが出来ます。女性が大事なのは第一印象の裏側にある男の資質を見抜くことだと思います。

 

婚活での勘違いその③ 仕事で判断しないで(^^)v

婚活で最も男性の武器になるのが仕事です。婚活で「私医者です」と言えば全ての注目を集めることになります。ここで注意しないといけないのは、仕事は一生ものではないということです。嫌々ながら親のすすめで医者をやっている人など山ほどいます。その人がもし「俺は料理人になりたいから、医者は辞める」と言ったらどうしますか?目の前の条件だけで男性を判断してしまうと、変化していく人生について行けなくなってしまいます。職業や年収で決めるのではなく仕事などあくまで判断材料の一つとして考えるだけで、二人で未来を切り開いていけるような人をゲットしてい頂きたいです。支え合える人でなくては駄目です。このご時世、安定した仕事や企業などありませんし、体を壊してまで毎月の給料を稼ぐことが安定とは言えないと思います。婚活で目の前にある情報を見るのではなく、男の本質を見抜いて下さい。

 

他にもいろいろありますが、その他のことや、結婚するための考え方などについては「岐阜 婚活」というサイトを参考にするといいと思います。

色々と書きましたが少しでも皆様の婚活に役立って欲しいと思っております。

 

男が自分を追いかけたくなる「演出」をしよう

美しい女性がわんさと群がってくるお金持ち男性に追いかけてもらおうと思ったら、「その他大勢」と同じことをいっても、ほぼムダです。勝負する勇気がないのなら、フツーの女がお金持ちを虜にすることなんてできない。

99回失敗したとしても、たった1回の奇跡が起こることが意外とあるんだなあ、これが!

「大失敗するものだけが、大成功を収める。」ロバート・ケネディ

高い理想を目指すなら、失敗を恐れるな!

男性が女性を追いかけたくなる瞬間とは、第一印象で「可愛いな」と思っている女性が、「あれ? 俺に気があるのか?」と幸せな疑問を抱いたときです。

こう勘違いさせて、そこでサッと離れて彼に追いかけるチャンスをつくってあげるのが、あなたの重要なミッション。

「あれ?」と思ったけれど、確信はできない。「そうなのか? いや違うのか?」と彼が迷うレベルで止めておくのがポイントで、「こいつ絶対に俺に惚れてるな♪」という確信を持たせてはダメ。

「俺に惚れてるな」と思われてしまった瞬間、あなたは追いかけるべき対象から外れてしまいます。

たとえば、こうするのです。気さくに話しかけて、興味津々に前のめり気味で彼について質問してみる。すると男は、「この子、俺に気があるのかな?」といい気分になる。そのまま盛り上げるだけ盛り上げて、男の「あれ? もしかして……」を察知したら任務完了。その日以降は、あなたから連絡を一切せずに、彼のリアクションを待つだけ。

自分に気があると思っていたのに、連絡がないとなると気になっちやうのが男のサガ。思わせぶりに接しておきながら、サッと逃げて、追わせる。

これで男を翻弄するイイ女のでき上がりです。

 

男に追いかけさせよう

引く手数多なお金持ちのイイ男というのは、基本的に「自分は追いかけられて当たり前」だと思っている。

飲みに行けばモテモテ、名刺を渡せば誰もが目を丸くして態度を豹変させる。財産目当てにすり寄ってくる女性や「お食事に連れてってくださ~い」と、媚びて寄ってくる女性たちには、飽き飽きしているものなのです。

さらにいうと、学生のころはまったくの非モテだったのに、稼ぐようになったとたんに、突然変異でモテ始めた男性は、寄ってくる女性に猜疑心を抱いていることさえあります。「この女も、俺の金が目的なのか……(ため息)」って具合にね。

お金がある男性は、財産目当てにすり寄ってくる女性を相手にデートやセックスをすることはあるでしょう。何しろお手軽ですから。でも結婚相手には選ばない。

じやあ、彼らはどこでどうやって結婚相手を見つけるのか?

自分で探し、見極め、追いかけてつかまえるんです。

で、これをいい換えれば「いい男性には追いかけてもらえないと、結婚の対象にはなれない」ということ!

たとえば、フェラーリを乗り回している男性に、「フェラーリは乗り心地が好きじゃないから、ペンツがいい~」っていってみたり、「何が食べたい?」つて聞かれて、「つけ麺」と答えてみたり。

ちょっと信じられないかもしれないけど、彼らの気を引くには媚びをまき散らしながらべ夕べ夕くっつくより、彼らのプライドを傷つけるかつけないかスレスレの生意気をいい放つくらいがちょうどいい。相手が予想もできない言葉を投げかけたほうが、印象に残るからです。

ちなみに、これは私の経験談ですが、フェラーリ君には結婚を前提に交際を申しこまれたし、おいしいつけ麺屋さんを教えてあげた男は、今の夫です。

大胆すぎる言動は思いつ切リスベることもあるだろうし、ヘンな子扱いされることもある。だけど、「嫌われたらもう会わなければいいだけ」と軽く考える私には、フラれても軽くスルーするだけの覚悟がありました。

 

結婚するためにリアクションを大切に

男性が話していてもっとも気持ちがいいと感じる瞬間とは、「いいリアクションが返ってきたとき」です。「俺の話は面白い」そう思いたいのが男のサガ。そして、「面白い話には、それなりのリアクションが返ってくるはず」とも思っている。

しかしながら、非モテ女子の多くは、このリアクションがとっても苦手です……。

そこのあなた、男性の話に対して「はあ」とか「へえ……」とか、話を聞いているのかいないのか、よくわからない薄い反応を、能面顔でしていませんか?

「男性の話がつまらなすぎるHもはやどうでもいい男性」なら、それでもいいでしょう。でもね、プロのお笑い芸人だってスベることがあるのですから、しゃべりのプロでもない一般人ならスベりまくったってしようがなくない?

いつでも面白い話をしろっていうのも酷な注文です。

噂によると銀座の高級クラブでナンバーワンになるのは、お店の一番の美人ではないそう。

リアクション女王こそがナンバーワンになる。そのぐらい男性は、リアクションを求めているのです。

では、男性に最上の喜びを与える、いい感じのリアクションとは?

 

・表情をクルクル変えながら、二コニコ楽しそうに話を聞く。
・時には感嘆の声を上げ、身振り手振りを交え、前のめり気味に話を聞く。

 

逆に、女性の話が面白すぎると、男性の心に話術に対するライバル心が芽生えてしまい、恋愛対象ではなくなってしまうので注意してね。彼に対しては面白い話をすることよりも、いいリアクションをすることのほうがずっと大切。

愛情深い女性というのは、受信能力の高い女性です。

「受け入れること」とは、与えること。

究極、男性が女性に求めるものは「母性」。街中で幼子とおしゃべりする母親を見てください。つたない言葉で一生懸命に話す子供に、母親なりの最高のリアクションを返しているはず。あなたの中に秘められた母性に優しく包まれた男性は、あなたを手放すことができなくなるでしょう。
リアクションがどうしてもうまく返せない、不器用なあなたへとっておきのテクニックをお伝えします。それは「教えて攻撃」。男は、可愛い女子に何かを教えるのが大好きです。質問力を駆使して、彼が得意げに答えられるジャンルの質問をぶつけてみましょう。そして、彼の回答に対しては、満面の笑みで「ありがとう!」「さすがですね」「勉強になるわ!」など、わかりやすく褒めちぎりましょう。

これで、彼の自尊心は大いに満たされ、最高の気分に浸ってもらえます。

注意すべきポイントは3つ。まず、誰でも答えられる簡単な質問をしないこと。社会や経済についての質問のほか、彼の趣味や仕事に関連した、ちょっぴり専門的な質問を用意しておくといいでしょう。

2つ目、わからないことを教えてもらうにしても、あなた白身にそれなりのレベルの知識が必要だということ。教えてもらったことを理解できなかったり、質問で返されたときにヘンな回答をしてしまえば、確実に逆効果です。質問する内容の周辺知識については、しっかり勉強しておきましよう。

最後に、バリキャリ女子の場合、まちがっても討論に発展させないこと。男性を打ち負かす勢いで己の知識を披露し、彼と張り合ってしまえば、そこから先は女性として意識してもらえなくなります!

 

好かれるために「ボケ上手」になろう

雑談を盛り上げるには、会話の中に「ボケ」と「ツッコミ」をはさむと効果てきめん。でも、好みの男性とのトークで、より重要なのは、「ツッコミカ」ではありません。「ツッコまれる力」すなわち「ボケ」です。

おいしいボケを上手に振って、相手にツッコミを入れられ、ドカンと盛り上がれば、ふたりの距離は一気に縮まります。このあたりまでマスターできれば鬼に金棒、向かうところ敵ナシです。

とはいうものの、ボケは高度な技術を必要とします。プロのお笑い芸人だって、ボケを狙ってスペツてしまうことがありますしね。だから最初はボケることを意識せず、単純に無難に、「相手の予想を裏切る回答」をすることだけを心がけましよう。

自分の理想の男性を相手に会話する場合、「彼の予想を裏切る回答」はツッコミを誘う最高のボケになり得ます。

おしなべて知性の高い男性たちは、「こういったら、こう返ってくるだろう」と簡単に予測できてしまう会話に退屈しています。予想外な展開をつくっていくほうが、彼を会話に引きこんで夢中にさせることができます。

こうしたコミュニケーションカをアップさせるには、場数を踏む以外にありません。どんなに話し方の本を読みこんだところで、実践にはかなわない。

コミュニケーションカに自信がない方は、とりあえず合コンや婚活パーティーなどへ足を運んで、目の前の男性を練習台にしてください。

また、コミュニケーションカは伝染します。

コミュニケーションカ抜群のモテ子ちゃんと一緒に会話をしていれば、徐々にレベルアップが図れます。お手本となるモテ子ちゃんがどんなふうに話を展開しているのか、ほど良いボケ加減や、はぐらかし方など、そのワザをしかと盗んでくださいね!

 

婚活をスムーズに進めるために「質問上手」になろう

初対面の相手やつき合いの浅い相手との会話は手探りになるものです。超能力者じゃない限り、相手の興味のある話題なんてわかるはずありませんからね。

一緒に盛り上がれる話題を見つけるためには、無難な質問をいくつか投げかけてみましよう。ここで質問をするのは、あくまでも「相手が話したい話題」を探るため。まちがっても初対面で相手のプライバシーを探るような尋問トークをしてはダメ。

巷で話題のニュースでもいいし、その場へ参加した経緯でもいいし、共通の知人がいれば、その人の話をしてもいいでしょう。

ポイントは、自分のことを「ちょこつとだけ先に」話すことです。

「私は○○です」と先に話してもらえると、照れ屋で話し下手な男性でも「僕は○○」と返答しやすいですからね。

そして相手が食いついてくるポイント(つまり会話のネタ)を見つけたら、今度はその話題を掘り下げればいいだけ。ね、簡単でしょ?

話を掘り下げるときは、「5W1H」のオープンクエスチョンを駆使しましょう。

オープンクエスチョンとは、「はい」や「いいえ」では答えられない質問方法。要は、話がとぎれない質問法です。

「5W1H」の「Who (誰が)、What(何を)、When (いつ)、Where(どこで)、Why(なぜ)、How (どのように)」を使います。

本当の聞き上手とは、受動的に話を聞いているように見せかけて、さらに相手にしゃべらせるなど、会話への能動的な働きかけをしていて、会話の主導権を握っているものなのです。つまり、聞き上手とは「質問上手」という意味。

「質問」のスキルは会話の基本中の基本です。気まずい沈黙を防ぎ、会話を必ず展開させることができるので、日常生活の中でも意識して使ってみましょう。

 

婚活にはコミュニケーション能力が必要

自分好みの男性と顔見知りになることができたあなた、まさか、名前を教えてもらったくらいで喜んではいませんよね? 勝負は始まったばかり、ここから先が婚活の本番です! どうすれば出会った彼と関係を深めていけるのか? そして、女性として魅力を感じてもらい、結婚相手として意識してもらうのか?

その答えは「コミユニケーションカ」にかかっているといっても過言ではありません。

コミユニケーションカという武器は、見た目の(ンデをひっくり返せるほどのパワーを秘めています。第一印象では3番手、4番手でも、大逆転サヨナラホームランを打って、ハッピーなバージンロードまで一直線、なんてことはザラにあることです。

だからこそ「モテるコミュニケーション力」は必ず習得しなければなりません。

では、どうやってコミュニケーションカを磨けばいいのか? 鏡に向かってトークの練習をするのは悪くはない。どんな表情で自分がしゃべっているのか、よくわかるしね。でも、実際は男性の目を見て会話するわけ。鏡を見ながら練習した卜-クが再現できると思います?

信頼できる男友達を相手に卜-クの練習をする手もあるけれど、ヘンに誤解されるとややこしくなる。当然、さらに話がややこしくなりそうな既婚男性に練習相手は頼めません。

結局、コミュニケーションカを磨くには、現場が一番というのが私の結論。

突然の出会い、とっさの機転から生まれるあなたの一言は、経験値として着実に実力となり積み重なっていきます! ベーシックな話題に、ちょいちょいアドリブをはさめるようになれば、バッチリ。

次回は、いくつか「愛され会話」のポイントをまとめます。