婚活をスムーズに進めるために「質問上手」になろう

初対面の相手やつき合いの浅い相手との会話は手探りになるものです。超能力者じゃない限り、相手の興味のある話題なんてわかるはずありませんからね。

一緒に盛り上がれる話題を見つけるためには、無難な質問をいくつか投げかけてみましよう。ここで質問をするのは、あくまでも「相手が話したい話題」を探るため。まちがっても初対面で相手のプライバシーを探るような尋問トークをしてはダメ。

巷で話題のニュースでもいいし、その場へ参加した経緯でもいいし、共通の知人がいれば、その人の話をしてもいいでしょう。

ポイントは、自分のことを「ちょこつとだけ先に」話すことです。

「私は○○です」と先に話してもらえると、照れ屋で話し下手な男性でも「僕は○○」と返答しやすいですからね。

そして相手が食いついてくるポイント(つまり会話のネタ)を見つけたら、今度はその話題を掘り下げればいいだけ。ね、簡単でしょ?

話を掘り下げるときは、「5W1H」のオープンクエスチョンを駆使しましょう。

オープンクエスチョンとは、「はい」や「いいえ」では答えられない質問方法。要は、話がとぎれない質問法です。

「5W1H」の「Who (誰が)、What(何を)、When (いつ)、Where(どこで)、Why(なぜ)、How (どのように)」を使います。

本当の聞き上手とは、受動的に話を聞いているように見せかけて、さらに相手にしゃべらせるなど、会話への能動的な働きかけをしていて、会話の主導権を握っているものなのです。つまり、聞き上手とは「質問上手」という意味。

「質問」のスキルは会話の基本中の基本です。気まずい沈黙を防ぎ、会話を必ず展開させることができるので、日常生活の中でも意識して使ってみましょう。

 

婚活にはコミュニケーション能力が必要

自分好みの男性と顔見知りになることができたあなた、まさか、名前を教えてもらったくらいで喜んではいませんよね? 勝負は始まったばかり、ここから先が婚活の本番です! どうすれば出会った彼と関係を深めていけるのか? そして、女性として魅力を感じてもらい、結婚相手として意識してもらうのか?

その答えは「コミユニケーションカ」にかかっているといっても過言ではありません。

コミユニケーションカという武器は、見た目の(ンデをひっくり返せるほどのパワーを秘めています。第一印象では3番手、4番手でも、大逆転サヨナラホームランを打って、ハッピーなバージンロードまで一直線、なんてことはザラにあることです。

だからこそ「モテるコミュニケーション力」は必ず習得しなければなりません。

では、どうやってコミュニケーションカを磨けばいいのか? 鏡に向かってトークの練習をするのは悪くはない。どんな表情で自分がしゃべっているのか、よくわかるしね。でも、実際は男性の目を見て会話するわけ。鏡を見ながら練習した卜-クが再現できると思います?

信頼できる男友達を相手に卜-クの練習をする手もあるけれど、ヘンに誤解されるとややこしくなる。当然、さらに話がややこしくなりそうな既婚男性に練習相手は頼めません。

結局、コミュニケーションカを磨くには、現場が一番というのが私の結論。

突然の出会い、とっさの機転から生まれるあなたの一言は、経験値として着実に実力となり積み重なっていきます! ベーシックな話題に、ちょいちょいアドリブをはさめるようになれば、バッチリ。

次回は、いくつか「愛され会話」のポイントをまとめます。