勘違いだらけ 男性からみた婚活女性

私は結婚するまでは婚活パーティーや合コン、紹介など色々な手段で婚活を5年続けていた者です。現在の嫁も飲み会で知り合った人なのですが、実際は合コンなのではなく居酒屋で近くに座っていた人でした。どこで何が起こるか分からなと、この時ばかりは思いました。

結婚してみて色々気付くこともありますし、こんなに結婚というのは幸せなものなのだと思うこともたくさんあります。是非幸せを掴んで欲しく、今回は「それ勘違い!男性からみた婚活女性」について書かせて頂きます。偏った意見になると思いますが、少しでも参考にして頂けると幸いです。

 

婚活での勘違いその① 仲の良い友達と行かないで(?_?)

婚活でパーティーなどに行くときに、会社の同僚や学生の時の友人など一緒に行っていませんか?絶対一緒に行っていますよね。初めての場所に一人で行くことは不安だと思いますが、結婚相手を探しに行くのに本当に友達が必要ですか?最終的にお互いの友達に気を使い合って、同じ電車で帰って行くという魔のスパイラルに入り込んでいってしまいます。婚活の場所へ行ったことで満足してしまい、結果に繋がってもLINE交換が精一杯だと思います。なので婚活をするときは自分一人で現場に行き、自分で判断し、自分で責任を取ることが重要なポイントとなります。気を使うのは友人ではなく、婚活している相手に使って下さい。

 

婚活での勘違いその② 白馬に乗った王子様など絶対にいないです(>_<)

婚活パーティーに参加をしている女性で、この人本当に結婚したいのかなと思える人は男性からすると直ぐに分かります。その人に「本当に結婚したいの?」と聞くと「そりゃしたいですよ。いい人がいれば」と決まってこの言葉を言います。あたかも結婚が出来ないのは男性のせいで、私の目の前にいつかいい人が現れると思っている人です。まずいい人は現れないし、現れても素通りしていくと思います。かっこいいことを言いますが、男は女性が作り上げるものです。第一印象や見た目など嘘で固めればどうにでも出来ますし、嘘の言葉などどれだけでも言うことが出来ます。女性が大事なのは第一印象の裏側にある男の資質を見抜くことだと思います。

 

婚活での勘違いその③ 仕事で判断しないで(^^)v

婚活で最も男性の武器になるのが仕事です。婚活で「私医者です」と言えば全ての注目を集めることになります。ここで注意しないといけないのは、仕事は一生ものではないということです。嫌々ながら親のすすめで医者をやっている人など山ほどいます。その人がもし「俺は料理人になりたいから、医者は辞める」と言ったらどうしますか?目の前の条件だけで男性を判断してしまうと、変化していく人生について行けなくなってしまいます。職業や年収で決めるのではなく仕事などあくまで判断材料の一つとして考えるだけで、二人で未来を切り開いていけるような人をゲットしてい頂きたいです。支え合える人でなくては駄目です。このご時世、安定した仕事や企業などありませんし、体を壊してまで毎月の給料を稼ぐことが安定とは言えないと思います。婚活で目の前にある情報を見るのではなく、男の本質を見抜いて下さい。

 

他にもいろいろありますが、その他のことや、結婚するための考え方などについては「岐阜 婚活」というサイトを参考にするといいと思います。

色々と書きましたが少しでも皆様の婚活に役立って欲しいと思っております。

 

イギリスの巨大マシュルーム

日本ではマシュルームと言えばコロコロと可愛らしい大きさのものが一般的ですが、私はイギリス在住中に出会った巨大な手の平サイズのマシュルームの美味しさを忘れることができません。

初めてスーパーでそれを目撃した際、あまりの大きさに衝撃を受けました!(゜0゜)

どうやって食べてよいのかわからず、気になりつつも手を出せずにいました。

ところがある日、日本人コミュニティーのバーベキューに参加した際に、ついに巨大マシュルームを口にすることになったのです。一体どのように調理するのか興味津々の私・・・

飲み物とデザート担当だったのに、いつの間にかマシュルーム担当の方の作業をお手伝い。

調理方法はいたって簡単でした。巨大マシュルームの傘の内側にバターをのせ、アルミホイルで包みバーベキュー用の網の上で蒸し焼きにするというもの。

もう想像しただけで、美味しいに決まっている!と思いましたが、本当に絶品でした(≧∇≦)

マシュルームとバターの香りが口いっぱいに広がり、何より巨大なマシュルームの噛み心地は最高でした。ナイフとフォークで食べる方法もあるでしょうが、丸かじりするのがバーベキューならでわで、美味しさが増したのかもしれません。

それ以来バーベキューでの巨大マシュルームの味が忘れられず、家でもトライしてみましたがあの時の感動は再現することはできませんでした。やはり炭で焼くのがよかったのでしょうか。

また私が食べたのは現地の日本人が調理してくれたものですが、イギリス人は普段どうやってあの巨大マシュルームを料理しているのでしょうか。

思い返すと色々な疑問がわき、現地にいる時にもっと知る努力をしていればよかったと後悔です。

日本に戻った今となっては巨大マシュルームを目にすることもなく、再現する術がありません。日本でもどこかに売っているのでしょうか。

マシュルームをスーパーで目にする度に、イギリスの巨大マシュルームを思い出します。いつの日か、また巡り会う日が来ることを願います。